blog移転のお知らせ


2011年より、blogを移転致しました。
移転先
http://hajimeozawa.blog136.fc2.com/

仕草

2009.4月〜2011.1月迄の旧blogは
←左の一覧からご覧ください。

60周年

2011年6月12日(sun)
午後2時より
二宮/サラフローラ 杉山邸にて

私の60周年記念演奏会を行う事が決まりました。

今年はピアノ歴60年、歌と篠笛が40年という節目の年。
これからも研鑽を積み邁進していきたいと思います。

地球市民フェスタ

2月13日(sun)に小田原市鴨宮マロニエで行われる地球市民フェスタに参加します。時間が12:00〜12:20と変更になりました。ソロでオーソレミオを歌います。また、武藏野音楽大学の仲間で小田原在住の柴辻鈴子さん(声楽)やその生徒さんと一緒にフニクリフニクラを歌います。この日はマロニエで様々な音楽の演奏が行われるようです。ミニミニステージですがご都合がつきましたら是非お出掛けください。

クリスマスコンサート

IMG_3590 IMG_3636IMG_3790 IMG_3668IMG_3851 IMG_3691 IMG_3819IMG_3876

クリスマスコンサート無事終わりました。前夜は雷雨、明け方は地震もあったかと思うと、起きてみたら12月とは思えないポカポカ陽気。冬至の12/22。晴天に恵まれた会場はエアコンの除湿を入れる程の熱気でした。初めての会場で行いましたので今回は私の演奏を初めて聴いて下さる方も多く今迄と又違った雰囲気が味わえました。ピアノは80年前のスタンウェイのマホガニー。今回私は篠笛、ピアノソロ、連弾、伴奏、デュエットと盛り沢山の内容でしたがそれぞれが自分自身の中でも充実してきたせいか、とても楽しんで演奏する事が出来ました。クリスマスなので会場の皆様と「きよしこの夜」「ジングルベル」を歌い盛り上がりました。2010年を締めくくるにふさわしい、良い演奏会でした。来年はピアノを初めて60周年の記念の年。記念になるイベントを密かに計画中...


クリスマスコンサートプログラム

1222日(水)小田原市風祭オルフェで行う2010年クリスマスコンサートのプログラムが出来ました。12月に入って毎週月曜日大学の仕事が終わると、3人が集まり合わせをして来ました。今回で3回目のトリオなので練習も和気あいあいと、あさっての本番が楽しみです。お天気が少し心配ですが会場は駅から徒歩1分、駅にはあの蒲鉾で有名なスズヒロが直結していてスイーツのコーナーや蒲鉾をつまみながら地ビールが飲めるコーナーもあるとか...我々もスズヒロの「えれんなごっそ」というバイキングレストランで打ち上げの予定。本番が終わったあとのビールはまた格別なのでそちらも楽しみだ。


オルフェプログラム表紙2




オルフェプログラム裏面1






中銀クリスマスコンサート

IMG_3266 IMG_3234

12月もあっという間に半月を過ぎ、今年も残りわずかとなって参りました。いやぁ本当に師走なのだろうか...確かに慌ただしさはあるものの、今一つピンとこないのは私だけなのだろうか...とは言うものの、来週はいよいよオルフェでクリスマスコンサートがあり、15日には熱海の中銀でクリスマスの演奏をしました。今回はソプラノ川島さんとの初めて連弾もあり楽しいクリスマスコンサートとなりました。クリスマスの曲を演奏すると、やはり12月の気分も盛り上がるというものです。今年最後を締めくくるオルフェでのクリスマスコンサートは歌に、ピアノに思い切り楽しんで演奏したいと思っております。どうぞ、お楽しみに!

オルフェ

IMG_2838

1222日に行うクリスマスコンサートの会場「オルフェ」の下見に行きました。
ご自宅のサロンを利用した会場です。
オーナーはフルート奏者でこの日はご自身のフルートの生徒さんの発表会、リハーサル時間に見学させて頂ました。こちらではサロンコンサートの他にギャラリーとしても利用されるそうでテーブルをどかせば40席並ぶとの事。自宅で発表会やコンサートが出来るスペースがあるのは羨ましい限り。
さてさて、我が「心のコンサートin ODAWARAクリスマスバージョン」は午後2時開演ですが
出来れば室内は暗くしてクリスマスの雰囲気を盛り上げたいとひそかに考えています。

篠笛

IMG_2501

良寛さんの研究をしている会の方々のお招きで篠笛を吹いて参りました。午前中はガイド協会の方の依頼で北原白秋の「からたちの小径」でも吹きました。途中小田原城に来ていたオランダ人の観光の方にもサービスで吹いたりしました。笛はピアノと違ってどこでも気軽に演奏が出来るのでとても便利です。着物を着ると気持ちも引き締まります。12/22のコンサートでもやはりオープニングには笛を吹かせて貰おうと思います。

ミュージックキャンプin 山中湖

IMG_2177
ペンションセロ
IMG_2170
落葉松林
IMG_2166
ペンションダイニング
IMG_2058
発声練習
IMG_2410
グラスメロディ
IMG_2197
記念撮影

1030日、ミュージックキャンプin山中湖。
素敵な音楽ホールが併設されたペンションセロさんにお世話になりました。
心配された台風の影響もなく無事開催することが出来ました。あいにくの小雨模様の一日ではありましたが紅葉の美しい山中湖へ皆さん元気にお集りくださいました。柔軟体操から始まって、体の部位に音階をつけて行うドレミファ屈伸運動、リズムに合わせて行うボールリレー、ピアノに合わせて歩いたり、止まったり、方向転換をしたりするstop&go、他にも宝探しやグラスメロディーなどなど、最後は発声練習もして皆で楽しく歌を歌いました。好奇心のかたまりの子供達ですから、遊び感覚で楽しみながら音を聴く習慣を身につけようというのがこのミュージックキャンプの目的です。音にあわせて止まったり、歩いたりそういうことで集中力が知らず知らず培われていくというもので、音楽が楽しくて大好き!という子供が一人でも多く育ってくれたら...そんな思いで行っています。今回もこの日の出来事が幼い日の楽しい思い出として心に刻まれた事を願いつつ山中湖をあとにしました。近いうちにこのミュージックキャンプの内容を盛り込んだ頁を作る予定です。

クリスマスコンサート



20101222b

2010.12.22(水)小田原市風祭/オルフェにてクリスマスコンサートを開催します。
チラシが出来ました。出来たてのほやほやです。マネージャーである我が妻が作成してくれるコンサートのチラシですがなにやら色々決まり事があるらしく、まわりについているマークは印刷に出す時の必須条件だそうです。こういう事は私にはさっぱりわかりませんが、出来上がって来たチラシをみると、このチラシに負けないように良い演奏をしなければ...と言う気持ちになります。今回で3回目となる「心のコンサート」のクリスマスバージョン。ソロ、連弾の他にソプラノ川島有未さんとのデュエットもあります。一足早い素敵なクリスマスをお届けしたいと張り切っています。40名程のサロンコンサート、会場は箱根登山線「風祭駅」下車徒歩一分、箱根病院の斜め向かいです。駐車場は7台迄ご予約にて承ります。お申し込みはOFFICE OZAWA迄/E-mail:info@hajimeozawa.com

心のコンサートin 美浜

IMG_0594

心のコンサート本番15分前の控え室にて。
開場がはじまりお客様が続々と会場入り緊張感が高まります。

IMG_2046

ソプラノ川島由美さんとの共演
小松美智子さんとの連弾
ピアノソロや篠笛の演奏もありました。

IMG_1997

お天気にも恵まれ沢山のお客様にお越し頂き
素敵なホールで私自身も気持ち良く演奏する事が出来ました。

IMG_1996

本番のステージに立つ度に自分に魂の財産が増えて行くのを感じます。

プログラム



929日(水)「心のコンサート」 美浜文化ホール/開演14時
img057

リハーサル

IMG_0354 IMG_0364

今日は午後から4日後に控えた心のコンサートのリハーサル。最初から最後迄通しての最終チェックを行いました。なかなかの仕上がり、プログラムの内容もとても充実していて演奏者一同大満足。本番の日が益々楽しみになりました。プログラムはオープニングに篠笛、ピアノソロで幻想曲「さくらさくら」「からたちの花 for piano solo」樅の木、なぐさめ、ソプラノ浜千鳥、浜辺の歌、金子みすゞ童謡歌曲集よりたいりょう、わたしとことりとすずと、ほしとたんぽぽ、ミュージカルキャッツよりメモリー、サウンドオブミュージックよりすべての山に登れ、愛燦々、星野富弘歌曲集「二番目に言いたいこと」よりいつだったか、秋のあじさい、よろこびが集まったよりも、二番目に言いたいこと、連弾は日本の四季より春がきて桜が咲いて、五月晴れと富士山、初秋から秋へ。美浜文化ホール2F音楽ホール2時開演。当日券もございますが、ご予約頂ければ前売り券を受付にてご用意させて頂きます。東京駅より京葉線快速にて30分。検見浜川駅下車徒歩8分。皆様のご来場をお待ち申し上げております。

ミニコンサート

IMG_0222 IMG_0160

9/24、市内の小学校でミニコンサート。低学年と高学年にわかれてのプログラム。低学年は虹の彼方に、ピアノとアルトサクソフォンによる白鳥、ハープの演奏によるいつも何度でも、皆でうたう崖の上のポニョ等。高学年では私は篠笛で砂山や箱根八里を演奏しました。他に浜辺の歌やオペラ「蝶々夫人」よりある晴れた日、高学年の皆で歌ったのはつばさをください、またどちらも最後はルパン三世、と名探偵コナンのテーマ、これは子供達も大喜び。私達もとても楽しく演奏出来ました。生演奏を聴く子供達のキラキラ輝く目。無限の可能性を感じさせて貰いました。

コンサート合わせ

月曜日、大学の授業終了後、心のコンサートの合わせを行いました。5時から始めて終わって時計を見るともう9時を回っていた。始めから通してリハーサルをしたので全体の感じもつかめ、何とも言えない安堵感と疲労感...最後にアンコールの曲を弾いていた時、弾きながらその曲に自分が癒されて行くの感じた。うーん。やはり心のコンサートと銘打っただけの事はある!と手応えを感じたリハーサルでした。共演の川島由美さんと小松美智子さんと、近くの居酒屋で軽く一杯と遅い夕食をとる。3人ともどこかほっとして話が盛り上がり何だかもうコンサートの打ち上げをしているような気分になってしまったのが可笑しかった。昨年、町田で3人で心のコンサートを行っているので(内容は少し変わっていますが)今回は第2弾という事もあり何故か皆のんびりモード。余裕と言ったほうが良いのか。こんなゆったりした気持ちで本番を迎えるのは私にとっても珍しい事だ。今週土曜日にもう一度合わせを行う。3人で最終チェックを行い本番に臨む。折角良い曲を集めた内容なので、12月には私の地元で同じプログロムでやろう!とまたまた盛り上がっている3人。

新しいピアノ導入法公開講座Part2

IMG_1385 IMG_9985
IMG_1428
IMG_1429 IMG_1430

武蔵野音楽大学同窓会神奈川県支部西湘むさしの会主催の「新しいピアノ導入法公開講座part2」を行いました。5/9におこなったPart1に続いての第2弾となります。クラウス・ルンツェ著「ふたつの手・12のキー」を使って、西湘むさしの会会員でもあり、藤村公子氏よりルンツェ指導法の手ほどきを受けられ現在フェリス音楽教室や小田原女子短期大学にて講師を務めておられる高地先生を講師にお迎えし、実際に生徒さんにもお手伝いして貰って大変わかりやすく、有意義な会となりました。楽譜を使わず演奏に使うテクニックを遊びながら学んでしまえる画期的な方法です。Part2では5度音域のメロディを使ってアンサンブルや様々な施法やリズムに触れながら幅広い音楽の展開をしていくという内容でした。沢山の美しい音を聴かせ、音をきちんと聴く習慣が身に付き楽譜を使うレッスンに入ってからもこれら体験して来た事が至る所で役立つという画期的な導入法です。

受講された方は実際に生徒さんを教えておられる方が多かったのですが、自分達もこういう風にピアノに入っていけたらどんなに楽しく学べた事だろうという感想を多く頂きました。高地先生は来年度より定期的にこの指導法のセミナーを行う事も思案中との事です。詳細がわかりましたら西湘むさしの会のHPでもお知らせが出来るかと思います。西湘むさしの会公式HPはこちらからご覧頂けます→
http://www.musashinokai.sakuratan.com

報徳小学校コンサート

9/24に市内の報徳小学校の学校行事でミニコンサートがあります。西湘むさしの会のボランティア演奏、今回で4回目となります。子供達が生の演奏を聴ける貴重な機会だと思います。その為の練習が山北でありました。皆さん忙しい中での数少ない合わせで本番を迎える事になりますが、こちらも気を抜かず全力投球で臨みたいと思います。私は篠笛の演奏他蝶々夫人の伴奏やそりすべり、サンドペーパーバレー等楽しい曲を演奏します。

コンサートプログラム

827プログラム表紙2



929プログラム裏1


9/29日、心のコンサートのプログラムが出来ました。
今回は平日の昼間なので主婦層やご年配の方が多い為日本ものの曲を多く取り入れたプログラムとなりました。オープニングは私の篠笛で始まり、ピアノソロは、幻想曲さくら さくら、ピアノの為のからたちの花、リスト なぐさめ、シベリウス 樅の木、ソプラノは美浜の海にちなんで浜千鳥、浜辺の歌、金子みすゞのたいりょう、わたしとことりとすずと、ほしとたんぽぽ他、連弾は中田喜直作曲「日本の四季より」春がきて、桜が咲いて、五月晴れと富士山、初秋から秋へ、今回のいちおしはソプラノ川島由美、ピアノ小澤一による星野富弘歌曲集「二番目に言いたいこと」より、いつだったか、秋のあじさい、よろこびが集まったよりも、二番目に言いたいことです。星野さんは中学校の体育の先生だったそうですが器械体操の指導中の事故で手足の自由を失ってしまいました。それから自分の思いを作詞したり、口に筆を加えて絵も書くようになったそうです。星野さんの詩や絵は希望や感謝という気持ちを思い起こさせてくれる作品だと思います。心のコンサート 千葉市美浜ホール2F音楽ホール 午後2時開演 東京駅から京葉線快速にて30分検見川浜駅下車 徒歩8分。お時間がございましたら是非お出掛けください。

スケジュール

29日の心のコンサート迄、あと2週間となりました。今日は10/3の合唱祭に向けて、合唱指導の為朝から一日沼津で強化練習です。今週日曜日は西湘むさしの会主催のクラウス・ルンツェ、ピアノ導入公開講座があります。24日は市内の小学校へ出張演奏等もあり、本番前のこの2週間が結構ハードですが、仕事で出て行くのも気分転換で逆に休養になります。根をつめて練習ばかりしているとそれはそれで疲れますから!芸術の秋ですからどうしても集中してしまう事もあります。時間を上手に使って本番に臨みたいと思います。今回初めて聴いて下さるお客様も多いので気を引き締めて参ります。

9月

9月に入ったと思ったら明日はもう13日。心のコンサートまで約2週間。明日から大学が始まる。今年の夏は特に慌ただしく過ごしていましたので一度も泳ぎにも行けず仕事と練習に明け暮れる日々でした。10月にはミュージックキャンプを開催する予定。現在参加者募集中!長年毎年夏に行って来たミュージックキャンプをまたやって欲しいとの要望があり、行う事にしました。秋の山中湖は紅葉も美しくリスや野鳥等小動物にも会えます。子供にも大人にも喜ばれる一日になる事でしょう。
img055

第16回門下生勉強会

IMG_9728 IMG_9597 IMG_9725 IMG_9662 IMG_9669 IMG_9686

9月5日(日)第16回小澤一門下生勉強会を開催。毎年夏に行っているこの勉強会は参加者が一人づつ演奏したあとワンポイントレッスンを行い改めて演奏するという形式で行っています。ワンポイントアドバイスをした後の演奏が確実に良くなっているので私としても嬉しい限り。大ホールで演奏するという事はそれだけで良い経験です。限られた時間の中で行いますから少人数制で行う為、中身の濃い緊張感のある時間になります。長丁場のレッスンなのでいつもは大人の方だけでしたが今年は5歳と小6の生徒さんも初参加。途中で抜けても良いですよと言ってありましたが最後迄他の方の演奏も聴いて帰られました。通常の発表会やレッスン室で弾くのとはまた違った緊張感が味わえたのではないでしょうか?私も9月29日、心のコンサートで演奏する曲の中からリストのなぐさめとシベリウスの樅の木を弾きました。

全国大会

IMG_9492 IMG_9474
5歳の弟子まあやさんが「歌とピアノのコンクールの全国大会」出場の為、ルーテル市ヶ谷に出掛けました。初めてのコンクールで予選、本選と通過した頑張り屋さんの彼女です。今回のコンクールでは未就学児のクラスには賞やトロフィーがありませんでした。皆が頑張ったという事で賞状が全員に渡されたのですが、彼女は頑張ったから絶対に金賞が貰えると思っていたので、その結果が納得できず悔し涙をこぼしていました。なかなか根性のあるしっかりした子で将来が楽しみです。思い出に残る良い経験が出来たと思います。

白秋・耕筰を歌い継ぐコンサート

8/28(土)二宮ラディアンで白秋・耕筰を歌い継ぐコンサートがありました。山田耕筰先生の愛弟子大谷冽子先生を囲んで山田耕筰先生の知られざるエピソード等楽しいお話を伺いながらのコンサート。私は山田耕筰/編ピアノの為の「からたちの花」の独奏と小田原男声合唱団での参加。中国地方の子守唄、すかんぽの咲く頃、この道、かえろかえろと、を合唱しました。大谷先生の熱烈なファンの方も駆けつけ500人収容のラディアンホールは立ち見席も出る程の大盛会となりました。さすが藤原歌劇団のプリマドンナは91歳になられた今も健在です。ピアニストは自分のピアノを持って演奏会場に行く事が出来ませんから、会場に置いてあるピアノがどんな風に響いてくれるのかとても神経を使います。また舞台の上で自分が聴いている音と客席に聴こえる音は違います。この日もリハーサルで音出しをした時に思っている響きが出なかったので、うーん。という感じでした。しかし、こればかりは、どうする事も出来ませんので与えられた短いリハーサル時間の中で音を探りながら弾いてみました。イタリアのピアニスト、ミケランジェリは自分のピアノを会場に持ち込んで演奏会を行っていたという逸話もありますが、ピアニストにとってそれは誰もが望む理想的な環境である事は言う迄もありません。私も自分のピアノで演奏会を開けたら...と思います。
IMG_0834 IMG_0767 IMG_0817 IMG_0910

合唱指導

IMG_8753 IMG_8755

今年も、第37回沼津芸術祭に向けて女声コーラスの指導が始まりました。
本番は10/3(日)
沼津市民文化センター大ホールで行われます。
昨年、団長さんの引退があり一度解散し、新たに再結成した
新生合唱団「ラ・ムーサ」初心に返り気を引き締めて行きたいと思います。
演奏曲は「君をのせて」宮前駿作詞 久石譲作曲 富澤裕編曲と
「さんぽ」中川李枝子作詞 久石譲作曲 富澤裕編曲。
本番では心をひとつにして合唱を楽しみたいと思っています。

心のコンサートin千葉

9.29.7.6.chiba

心のコンサート第二弾の詳細が決定致しました。今回はソプラノ川島由美さんの出身地、千葉県幕張メッセの近くの美浜文化ホールで行います。美浜ホールはシューボックス型の素敵なホールだそうです。大変人気のあるホールの為なかなかとるのも難しく今回も平日の昼間という事になってしまいましたが、お近くの方は足をお運び頂けたら幸いです。千葉県といいましても東京駅から京葉線快速で30分検見川浜駅より徒歩8分という事なので交通の便は良い所です。今回も星野富弘歌曲集より「よろこびが集まったよりも」「二番目に言いたいこと」等心に響く曲の数々をお届けします。連弾は中田喜直作曲四手連弾のための組曲「日本の四季」またソロではリストのなぐさめ、愛の夢、ショパンのレント・コン・グラン・エスプレッシオーネやエチュード作品25−12大洋他を演奏する予定です。またコンサートの最後にはスペシャルタイムと致しましてボイトレ講座や脳トレ講座などの企画も設けてありますのでそちらの方もお楽しみ頂けるかと...!

2010.9.29(水)13:30開場 14:00開演 
前売券¥2000当日券¥2500 全自由席。
美浜文化ホールの詳細はこちらからご覧頂けます。
お問い合わせ・お申し込みは
OFFICE OZAWA迄。

コーラス発表会

IMG_6837
中銀コーラス発表会のお手伝いで久し振りに熱海観光会館を訪れました。
昔良く使っていたので懐かしかったです。

ワークショップのお知らせ

来る5月9日(日)武蔵野音楽大学同窓会神奈川県支部西湘むさしの会が主催するワークショップを開催します。内容は新しいピアノ導入法クラウス・ルンツェ著「ふたつの手・12のキー」を使って。楽譜を使わずにイメージしたものを身体全体を使ってピアノで表現し、演奏に必要なテクニックを遊びながら学んでしまう導入法です。実際に子供達のレッスンを行い紹介していきます。旭が丘高校4階音楽室 小田原駅より徒歩3分 13:00~15:00 入場料:一般/¥1000 西湘むさしの会会員/無料。講師:高地誠子 プロフィール/武蔵野音楽大学、大学院ピアノ専攻修了。フェリス音楽教室にて藤村公子氏よりルンツェ指導法手ほどきを受ける。現在小田原女子短期大学非常勤講師。フェリス音楽教室講師。先生方は勿論これからピアノを習わせたいと思っている親御さんにも見て頂きたい内容です。西湘むさしの会のHP/URL:http://musashinokai.sakuratan.com

熱海

IMG_6217 IMG_6219
熱海中銀コーラス発表会のお手伝いをする事になり先週練習に参加。
熱海の駅前も桜が綺麗でした。中銀は山の上のとても景色の良い所で
帰り道、景色の良いホテルで昼食を頂く。

入学式

P1000930

昨日は昭和音楽大学の入学式でした。今年も希望に胸を膨らませた700名余りの若者が入学。その中には私の弟子もいます。彼女の母親も昭和音楽大学卒業生で在学中は面識がなかったのですが卒業式の謝恩会でたまたま一緒になりそれが縁で私の所へレッスンに来るようになり、かれこれもう30年。今日はその娘の入学式。うーん、時の流れを感じます。そんなわけで彼女の事は赤ちゃんの頃から知っていて自分の子供?孫?のような感じです。先日迄レッスンに来ていた時はまだ高校生のあどけなさが残っていたかと思いましたが、今日の彼女はもう立派な大学生です。彼女はバレエ科に進むのでこれから本格的にバレエに専念し有意義な4年間を過ごして欲しいと思います。由梨ちゃんおめでとう!

You Tube

我がウエブサイト管理者である私の妻が
そのうちそのうちと先延ばしにしていたYou Tube
今回重い腰をあげていよいよ導入と相成りました。
まずは昨年の沼津合唱団の動画をアップロードして貰いました。
まだまだ掘り下げていかなければならないのでしょうがとりあえずYou Tube記念日ということで...!




ウォーキング

TS3I0312
今日からわくわくリズム教室が始まりました。わくわくリズムとはリズムに合わせて体と脳を活性化し、病気にならない体作りを目指そうという趣旨で始めた体操教室です。軽い運動でストレッチやバランス感覚、筋トレなどを行い簡単なゲームも取り入れ脳のストレッチ等も行っています。内容は20年以上リハビリ学院の講師をしていた際に私自身が編み出したオリジナルです。なんと伊豆の下田から2時間半かけて来てくださる方もいれば、毎回一度も休まず参加して下さる50代、60代の方、最高齢は85歳ご夫婦でお見えです。いつ迄も元気に日々を過ごしていけるお手伝いが少しでも出来ればと、家に帰ってからもちょっとした時間に行って頂ける運動等を中心に、私自身も健康に気をつけて今年も張り切って行っていきたいと思います。今日はバランス感覚に注意して歩くウォーキング法を実践してみました。そして夕方、私は箱根湯本迄往復2時間掛けてウォーキング。スロージョギング、前歩き、後ろ歩き、横歩き等色々な筋肉を使って歩きました。湯本駅構内の「箱根Cafe」でココアを飲み家路に着きました。

わくわくリズムクリスマス会

IMG_3475 IMG_3506 IMG_3534
12/23毎年恒例わくわくリズムのクリスマス会を開催しました。この日はいつものメンバーにお孫さんも参加され老若男女が集い歌ったり、グラスメロディーを楽しんだりと楽しいクリスマス会になりました。私の最年少の弟子、真綾ちゃんもドレスで参加「キラキラ星」の連弾と「赤鼻のトナカイ」を歌いました。司会は昨年に引き続き5年生の冴美ちゃん。ピアノソロも弾き大活躍でした。2年間一度も休まずわくわくリズムに参加してくださった方がおられたので会の最後には表彰式を行いました。

マリーベル10周年

IMG_3280 IMG_3288
IMG_3283 IMG_3269
ここ何年かお手伝いさせて頂いているマリーベル(クワィヤーチャイム)さんの10周年記念コンサートが秦野文化会館で行われ今年も参加させて頂きました。10周年ということで今回は他に5団体の方が参加され大変賑やかな会になりました。チャイムと言っても色々な種類があり、写真のようにベルの形をしたものが良く知られていますがマリーベルさんで使用しているのは筒のような長い形をしたものです。長さによって音が決まるので長いものになると女性が片手で持つには大変な位の重さがあります。チャイムの音色は人間の脳幹を刺激する音だそうです。演奏していても何とも言えない心地良さを感じます。会場にはバンブープロジェクトジャパンさんによる(荒廃した竹林の再生を手掛けている)竹のオブジェがライトアップされとても幻想的な空間の中で演奏させて頂きました。

スケジュール

2009年もいよいよ12月を迎えようとしています。今年はいつにもましてあっという間の一年間だった様な気がしてなりません。時計が少し早く回っているのではないかと思う程。皆様は如何でしたでしょうか?12月5日(土)に小田原男声合唱団の第38回定期演奏会があり、今年は少しソロを歌います。12/11(金)はクワイャーチャイムという美しい音色のクリスマスにふさわしいチャイムのコンサートに賛助出演。そして23日(水)わくわくリズムの会恒例のクリスマス会をマロニエ音の創作室で10:30より開催します。ピアノ演奏や皆で楽しく歌を歌ったりします。お時間のある方は是非お出掛けください。詳しい内容はスケジュール頁よりご覧頂けます。師走の声を聞くと途端に慌ただしくなりますが、健康に気をつけて乗り切りましょう!

クリスマスチャリティオペラ

今日はクリスマスチャリティオペラ、ハレルヤコーラスの練習日。本番チケットは完売だそうです。当日行われるゲネプロ12:30~14:00入場料¥1000にて公開されます。(申し込み不要当日受付にて)

表参道

IMG_2180 IMG_2182
久し振りに夜の表参道へ出掛けました。
IMG_2184 IMG_2191
翌日は厚木の眼科で検診の為、この日は厚木のロワジールホテルに宿泊。
ここは厚木ロイヤルパークホテルが名前を変えてリニューアルしたホテル。
かつて昭和音大が厚木にあった頃、謝恩会等でも良く利用したホテルです。
部屋も全てリニューアルされ綺麗で過ごしやすいホテルでした。

沼津芸術祭

IMG_2049 IMG_2059
10/4 sun.36回沼津芸術祭が沼津市民文化センター大ホールで開催されました。今年のラ・ムーサの曲目は「浦島太郎」文部省唱歌 小坂専一編曲「かぜとかざぐるま」岸田衿子作詞 木下牧子作曲「つらら」まどみちお作詞 木下牧子作曲でした。声が良く出ていて歌がとても力強くはっきりと客席に響いていたとお客様から好評を頂きました。この日は満月。会場を出た時には顔を出した直後の真っ赤な月を見る事が出来ました。少し時間が経過して沼津港から見た満月をカメラに収めました。

心のコンサート

IMG_7423 IMG_7445 IMG_7465
心のコンサート無事終了致しました。今回は伴奏と連弾という合わせものばかりでしたから、ソロとは違う神経を使います。またその分ソロでは味わえない合わせものならではの楽しみとスリル?がありとても楽しいコンサートでした。本番を経験する事は演奏者にとって何より貴重な財産です。そして次への原動力となります。これを機会に自分自身により磨きをかけようと思えます。ステージはやればやっただけの結果が出る場所ですからなんともいえない緊張感とわくわく感が味わえます。練習はこれで良いという事はありませんから毎回様々な思いが残りますが、それでも終演後の達成感は味わい深いものです。今回は会場が町田ということもあり、近くに住む親戚や友人又、随分会っていなかったお弟子さん達も駆けつけてくれて久し振りの懐かしい再会を果たす事も出来ました。夜の開演にもかかわらず小田原からお越しくださったお客様もいらっしゃいます。本当に有り難く感謝申し上げます。また照明や音響を担当してくださったスタッフの方、受付等お手伝いくださった皆様、多くの方のご協力がなければ演奏会を開催する事は出来ません。本当に有り難うございました。お力をお貸しくださいました皆様に心より御礼申し上げます。さて、心のコンサートは第2弾、第3弾を企画中です。詳細は決まり次第ご報告させて頂きます。ご期待ください!

第15回勉強会

IMG_1414 IMG_1454 IMG_1421
今日は毎年夏に行っている小澤一門下生勉強会でした。大ホールを使用しての練習は自宅での練習と違いホールの臨場感が味わえ大変有意義な練習の場となります。私は4日後の8/27に町田市民フォーラム[心のコンサート]で演奏するビゼー「こどもの遊び」を弾きました。この勉強会は今年で15回目を迎えました。写真中央の植松葉子さんは第一回目から参加で皆勤賞です。写真左の植松由梨ちゃんは彼女のお嬢さんですが第一回目の時は3歳だったとのこと...今は高校生になりコンクールにも挑戦しています。年月の経つのがいかに早いかを物語っていますね。今回の勉強会では全員がタッチや音の出し方がとても良い感じになって来ました。そういう意味で今年の勉強会はとても成果があったように感じました。ワンポイントレッスンをした後の演奏が確実に良くなっているのはとても嬉しい事です。一年が経つのは本当にあっという間です。また来年迄それぞれに研鑽を積み、より高い所を目指しましょう!

リハーサル

IMG_7328 IMG_7342 IMG_7353
発表会終了後はホール近くの居酒屋で打ち上げ&食事会美味しいお酒と食事を頂き、最近定宿にしているエルシィ町田に宿泊、翌日は同じフォーラムホールで8/27心のコンサートのリハーサルがありました。本来コンサートホールとして作られたホールではないようなので、音がなかなか響いてくれず、ピアノの位置を微調整したり立つ位置等を細かく調べて調整してみました。どこでも大体そうなのですが200名規模のホールになると殆どが多目的ホールとして設計されてしまっているので音の響きなどは全く考慮されておらず演奏家泣かせです。小田原はこれから新しくホール建設が予定されているので是非とも演奏会が出来る質の良い小ホールを作って欲しいものです。折角コンサートを開催するのですから、良い環境で良いピアノで演奏出来れば需要も高まり、演奏家にもお客様にも喜ばれるのですから...

発表会

IMG_7306 IMG_7267 IMG_7290
8/6町田市民フォーラムホールにて川島有未先生の門下生発表会が開催され、私も伴奏でお手伝いさせて頂きました。30名以上の生徒さんが日頃の練習の成果を発表されました。まだレッスンを始めたばかりの方もいれば、昭和音大でミュージカルを勉強している学生、劇団に所属している小学生、中学生、そしてもうすぐ芸能界デビューが約束された実力派の方等々、幅広いジャンルと年齢層の発表会でした。劇団所属や芸能界デビュー等と聞くとにやっぱり東京都ならではですね。写真左の男性は小田原市内の美味しい豆腐で有名な風間豆富店の三代目、風間功光さん。お店は私の家から近いのでいつも利用させて貰っています。最近はおからのケーキやデザート等のヘルシースイーツの限定販売も始めたそうです。このお豆腐やさんのトウフという字は「豆富」と書きます。初代の社長の発想なのでしょうか...プラス思考な雰囲気が感じられますよね。blogで宣伝しておく事を約束して別れました。お疲れ様でした。

ホテルモリノ

IMG_1236 IMG_1243
今日から昭和音楽大学の試験が始まりました。講師は一日100人近くの学生の演奏を採点します。初日の月曜日は昭和音大が終わった後、私は国立YMCAで夜間部の試験もあったので体調の事を考えて新百合ケ丘のホテルモリノに宿泊しました。新百合ケ丘駅にほぼ直結しており大学迄徒歩5分掛からない距離なのでもう学校に着いたも同然、翌朝はゆとりを持って出勤する事が出来ました。ホテルモリノでは昭和音楽大学他提携している会場の当日の演奏会チケット半券を提示すると宿泊料金が¥1000円割引きになるというサービスを行っているそうです。

五十嵐喜芳コンサート

IMG_1160 IMG_1163 IMG_1221
7/25(土)小田原市民会館大ホールにて五十嵐喜芳先生のコンサートが行われました。我々小田原男声合唱団はオープニングステージを務め、最後には出演者全員で「忘れな草」「フニクリフニクラ」「メリーウィドゥワルツ」を合唱しました。曲目はオペラから童謡迄、五十嵐先生と麻利江さんの楽しい親子トークを交え、和やかな雰囲気の中繰り広げられた2時間のステージでした。写真中央は小田原市在住、藤原歌劇団準団員の声楽家伊藤真友美さん。

発表会

IMG_7186 IMG_1135 IMG_1137 IMG_7237
7/23(木)第3回「西湘むさしの会」合同発表会が二宮ラディアンホールにて開催されました。子供から大人迄32名の生徒さんが日頃の練習の成果を思う存分発揮した思い出に残る一日となりました。参加者はピアノを始めたばかりの4歳児から武蔵野音楽大学ヴィルトーソ学科(演奏者になる為の専門学科)に在学中の学生迄、バラエティにとんでおり最後には講師演奏も行われ内容充実の発表会でした。詳しい内容(写真)はmusashinokai.sakuratan.comでご覧頂く事が出来ます。

五十嵐喜芳コンサート

7/25は小田原市民会館にて五十嵐喜芳先生の傘寿記念コンサートがあります。小田原の合唱団有志による賛助出演もあり、小田原男声合唱団もオープニングステージを務めさせて頂きます。そして最後は合唱団と先生とのジョイントでフニクリフニクラ、忘れな草、メリーウィドウワルツを合唱します。今日は2度目の合同練習が小田原市民会館小ホールで行われました。当日は皆さんで声をあわせて楽しいステージになる事と思います。午後2時開演。一般券¥2500、学生・65歳以上は¥2000です。当日券も御座いますので皆様お誘い合わせの上、お出掛けください。

町田でLIVE

IMG_1009 IMG_1013
昨日は町田にフルート&ギターのLIVEを聴きに行きました。ギタリスト藤原浩哲という方のLIVE。ギター専門誌に連載をしたり、教本やCD付曲集などを多数出版されていて、何でもAmazonのギターカテゴリー売上ランキング1位にもなった著者としても支持されている方だそうです。70席程の店内は満席で美味しい食事やお酒を飲みながら大人の時間といった雰囲気です。私はボサノバが大好きなのでこのところの練習疲れをリセットする楽しいひと時となりました。月曜日は朝から昭和音大なのでそのまま町田に泊まり久し振りにゆったりと出校。この夏は町田で本番が2回あり、打ち合わせ等で町田に泊まる事が多くなりそうです。なにしろ普段は緑に囲まれた山の中に住んでいる野生人種なので都会の喧噪には戸惑いも隠せませんが、7月、8月は大学の仕事と演奏会の仕事でハードスケジュールな為体調管理を優先しなければなりません。明日に向かって英気を養わねば!

音楽鑑賞会

昨日は小田原市内にある桜井小学校での音楽鑑賞会で演奏して参りました。曲目はルパン三世、虹の彼方へ、浜辺の歌、蝶々夫人他、武蔵野音楽大学卒業生による出前コンサートです。ソプラノ、ピアノ、サックスによるアンサンブルの他私は篠笛も披露しました。お祭りの時以外に篠笛を生で聴く小学生も多かった事でしょう。目を見開いて聴いている子供さんもいれば、目をつむって聞き入ってくれている子供さんもいました。ドレスとタキシード姿の演奏者の生演奏を聴くという機会も子供さん達には珍しかったのかもしれません。子供達の眩しい位にキラキラ輝く瞳が印象的でした。お昼には懐かしい給食を御馳走になりました。

合同練習

IMG_0968 IMG_0966
五十嵐喜芳コンサートに出演する有志の方との第一回合同練習。日曜の昼下がりでしたが、60名近くの方々が練習に参加して下さいました。合唱指導は昭和音大卒業生の加藤久代先生。熱のこもった指導をして頂きました。普段は皆さんそれぞれの合唱団で活躍しておられるので、地元の合唱祭で顔馴染みのお仲間です。こういう機会でもないと一緒に歌うという事はないので良い交流の機会になるのではないかと思います。小田男も今回ばかりは混声合唱団に様変わりです。本番当日を含めてあと2回の練習で、ステージにあがります。曲目は「忘れな草」「フニクリフニクラ」「メリーウィドウワルツ」。次回は7/18 19時より小田原市民会館小ホールで第2回目の合同練習を行います。小田男はこの他オープニングステージも務めます。本番は7/25(土)小田原市民会館、大ホールにて14時開演です。チケットは井上楽器、大村楽器(小田原市内)OFFICE OZAWAでもお求め頂けます。詳しくはSchedule頁をご覧ください。

紫陽花

IMG_0713 IMG_0716
昨日は8/27の演奏会の合わせが朝からみっちりありました。私にとっては大変珍しく一歩も外に出ない一日となりました。今日は7/10にある桜井小学校音楽鑑賞会の合わせで山北迄出向きました。この週末は7/25の五十嵐喜芳コンサートに向けて第一回目の合同練習があります。このところ本番が立て続けなので練習に余念がありません。気がつくと紫陽花が美しい季節になっていました。

わくわくレッスン

IMG_7132
今日の午前中はわくわくリズムでした。八王子と下田から来るお弟子さんも参加してとても賑やかなわくわくリズムとなりました。写真をお見せ出来ないのが残念です!! 折角賑やかな様子を撮って貰ったのに先程誤って消去してしまいました...!こちらの写真は午後からレッスンの小松美智子さんです。彼女は8月の勉強会参加と今年は8月と11月に町田市民フォーラムホールで、12月には熱海市の起雲閣音楽サロンで演奏会があり、私と連弾でビゼーを弾きます。大変熱心なのでこちらもついつい熱が入り気がつくといつも外が真っ暗です。今日も彼女は睡眠時間一時間というにも関わらず、午前中のわくわくリズムと午後からのレッスンをみっちりこなしました。若さでしょうか...
IMG_7175

本当にやりたい事をやっている時、脳がわくわくしているので、活性ホルモンが沢山分泌され寝不足や疲労はどこかへ行ってしまうものなのですね。さっき迄とても疲れていたのに好きな事を始めた瞬間、夢中になって疲れを忘れてしまうという経験は誰にでもあると思います。今日もわくわく充実したレッスンが出来ました。今から演奏会が楽しみです。この3回の演奏会は夏・秋・冬とシリーズで季節をテーマに演奏内容を少しづつ変えてお届けします。ソプラノ川島有未さんと共演します。

レッスンノート

IMG_0772

昨日は沢山休んだので今日はすっかり体調が元に戻った感じです。やはり睡眠は大切です。さて、今日は午前中からレッスンでした。7月には武蔵野音楽大学同窓会会員門下生の合同発表会があり8月には私の門下生の勉強会があります。お弟子さん達は皆さん真面目な方ばかりですが、やはり発表会や本番を控えると益々真面目に一生懸命になります。現在私の弟子は最年少4歳〜30年以上も見ているベテランの方迄幅広い年齢層ですが今回の合同発表会にはこの最年少4歳の真綾ちゃんも参加する事になりました。私が見るようになってまだやっと一年なのですが、とてものみ込みの早い子なのできっと上手に弾いてくれると思います。私が小さい子を見る時は楽譜を勉強する前に、まず色々な音を聴かせて聴く事の感性を磨く事からはじめます。子供は普段、音を漠然と聴いていますのでまずそこから入っていかないと後でピアノを弾いた時にデリケートな音が出せないのです。音符はもう少し後でいくらでも覚えられますが感性を磨くという事は少しでも早いうちからやっておいたほうが良いというのが私の考えです。第一その方が子供にとっても楽しいので夢中になってこちらに飛び込んで来てくれます。楽しいから興味がわく、そして無条件に吸収するという相乗効果です。ピアノは誰が叩いても勝手に音が出てしまう楽器なだけに美しい音を出すという事が何よりも重要なのです。子供にそれを説明してわかって貰うことは無理ですから、遊びながら色々な楽器や自然の素材を使って音の聞き分けをしているといつの間にかその子の中に音に対する意識が芽生えてくるのです。小さいうちは感受性も強いので尚更です。真綾ちゃんも色々なものに興味を持つ年頃なので私と一緒に夢中になって音遊びをしています。勿論7月の発表会に向けて連弾「きらきら星」と歌「ドロップスの歌」の練習もしています。この時もメロディの事やタッチについても細かく見ています。癖がつくとあとで直すのに本人が苦労しますから今から丁寧に細かく指導します。そうする事で4歳の小さな手でも少しでも弾きやすくなるので本人も納得してくれます。鍵盤のしくみについても脱進(レットオフ)と言って鍵盤の深さ10ミリのうち7ミリに抵抗感があって3ミリで抜ける様に出来ていますが、(つまり野球のピッチャーでいうとボールを持って投げる瞬間迄が7ミリで投げて手首から力が抜けたところが3ミリ)この事もレッスンの中でゲーム感覚で指導しています。子供といえどこういう細かい事を理解していると、ただ叩いて音を出しているというような弾き方にはならないのです。

わくわくリズム

ファイル1
TS3I0013

毎月第2、第3水曜日は「わくわくリズムで体と脳を活性化!」と題したリズム体操教室を鴨宮マロニエで開催しています。音楽にあわせて足の指まわしから始め、手の指まわし、肩まわし、膝まわしなど丁寧に身体中の関節をほぐしていきます。これだけでも足の先から頭の先迄ほぐれて軽くなってくるのを充分感じ取る事が出来ます。そして恒例のドレミファ屈伸運動や頭の体操の為のリズムとり(これはかなり脳を活性します!)最後はリズムに乗った軽快なウォーキングで後ろ歩き、横歩きなど様々な筋肉を使い気持ちの良い汗をかきました。メニューは毎回違う事を取り入れていますが、あっという間の90分間です。今日も老若男女、楽しく体を動かしたり脳をわくわくと活性させました。詳しい内容はwakuwakuの頁でご覧頂けます。

五十嵐喜芳傘寿記念コンサート

五十嵐喜芳先生(テノール、昭和音楽大学前学長、財団法人日本オペラ振興会常任理事、日本オペラ連盟理事長、日伊音楽協会会長を務める)の傘寿記念コンサートが各地で開催され、そのフィナーレを飾る会場として小田原が選ばれました。

コンサートには小田原男声合唱団他いくつかの団体と一般市民からも希望者をつどい賛助出演する事が決まりました。小田原男声合唱団はオープニングで10分間単独ステージがあり、2部の最後で参加団体と個人の出演者が五十嵐喜芳先生と五十嵐麻利江先生と共に「忘れな草」「メリーウィドウワルツ」「フニクリフニクラ」を歌うという構成です。

7/25 sat.14時開演、小田原市民会館大ホールで開催。合同練習は3回、それ迄に各団体が個々に練習をして本番でいかにうまく合わせるか、そして沢山のお客様にお越し頂ける様に、今日は合同練習で合唱指導をして頂く事になっている声楽家の加藤久代さんと打ち合わせを行いました。

「私も歌ってみたい!」と思われた方はご連絡ください。歌が好きで3回行われる合同練習に参加出来る方ならどなたでも歓迎です。どうしても練習に参加出来ない方には自主練習用にテープを用意します。大ホールのステージで楽しく歌いましょう!