心のコンサートin 美浜

IMG_0594

心のコンサート本番15分前の控え室にて。
開場がはじまりお客様が続々と会場入り緊張感が高まります。

IMG_2046

ソプラノ川島由美さんとの共演
小松美智子さんとの連弾
ピアノソロや篠笛の演奏もありました。

IMG_1997

お天気にも恵まれ沢山のお客様にお越し頂き
素敵なホールで私自身も気持ち良く演奏する事が出来ました。

IMG_1996

本番のステージに立つ度に自分に魂の財産が増えて行くのを感じます。

プログラム



929日(水)「心のコンサート」 美浜文化ホール/開演14時
img057

リハーサル

IMG_0354 IMG_0364

今日は午後から4日後に控えた心のコンサートのリハーサル。最初から最後迄通しての最終チェックを行いました。なかなかの仕上がり、プログラムの内容もとても充実していて演奏者一同大満足。本番の日が益々楽しみになりました。プログラムはオープニングに篠笛、ピアノソロで幻想曲「さくらさくら」「からたちの花 for piano solo」樅の木、なぐさめ、ソプラノ浜千鳥、浜辺の歌、金子みすゞ童謡歌曲集よりたいりょう、わたしとことりとすずと、ほしとたんぽぽ、ミュージカルキャッツよりメモリー、サウンドオブミュージックよりすべての山に登れ、愛燦々、星野富弘歌曲集「二番目に言いたいこと」よりいつだったか、秋のあじさい、よろこびが集まったよりも、二番目に言いたいこと、連弾は日本の四季より春がきて桜が咲いて、五月晴れと富士山、初秋から秋へ。美浜文化ホール2F音楽ホール2時開演。当日券もございますが、ご予約頂ければ前売り券を受付にてご用意させて頂きます。東京駅より京葉線快速にて30分。検見浜川駅下車徒歩8分。皆様のご来場をお待ち申し上げております。

ミニコンサート

IMG_0222 IMG_0160

9/24、市内の小学校でミニコンサート。低学年と高学年にわかれてのプログラム。低学年は虹の彼方に、ピアノとアルトサクソフォンによる白鳥、ハープの演奏によるいつも何度でも、皆でうたう崖の上のポニョ等。高学年では私は篠笛で砂山や箱根八里を演奏しました。他に浜辺の歌やオペラ「蝶々夫人」よりある晴れた日、高学年の皆で歌ったのはつばさをください、またどちらも最後はルパン三世、と名探偵コナンのテーマ、これは子供達も大喜び。私達もとても楽しく演奏出来ました。生演奏を聴く子供達のキラキラ輝く目。無限の可能性を感じさせて貰いました。

コンサート合わせ

月曜日、大学の授業終了後、心のコンサートの合わせを行いました。5時から始めて終わって時計を見るともう9時を回っていた。始めから通してリハーサルをしたので全体の感じもつかめ、何とも言えない安堵感と疲労感...最後にアンコールの曲を弾いていた時、弾きながらその曲に自分が癒されて行くの感じた。うーん。やはり心のコンサートと銘打っただけの事はある!と手応えを感じたリハーサルでした。共演の川島由美さんと小松美智子さんと、近くの居酒屋で軽く一杯と遅い夕食をとる。3人ともどこかほっとして話が盛り上がり何だかもうコンサートの打ち上げをしているような気分になってしまったのが可笑しかった。昨年、町田で3人で心のコンサートを行っているので(内容は少し変わっていますが)今回は第2弾という事もあり何故か皆のんびりモード。余裕と言ったほうが良いのか。こんなゆったりした気持ちで本番を迎えるのは私にとっても珍しい事だ。今週土曜日にもう一度合わせを行う。3人で最終チェックを行い本番に臨む。折角良い曲を集めた内容なので、12月には私の地元で同じプログロムでやろう!とまたまた盛り上がっている3人。

新しいピアノ導入法公開講座Part2

IMG_1385 IMG_9985
IMG_1428
IMG_1429 IMG_1430

武蔵野音楽大学同窓会神奈川県支部西湘むさしの会主催の「新しいピアノ導入法公開講座part2」を行いました。5/9におこなったPart1に続いての第2弾となります。クラウス・ルンツェ著「ふたつの手・12のキー」を使って、西湘むさしの会会員でもあり、藤村公子氏よりルンツェ指導法の手ほどきを受けられ現在フェリス音楽教室や小田原女子短期大学にて講師を務めておられる高地先生を講師にお迎えし、実際に生徒さんにもお手伝いして貰って大変わかりやすく、有意義な会となりました。楽譜を使わず演奏に使うテクニックを遊びながら学んでしまえる画期的な方法です。Part2では5度音域のメロディを使ってアンサンブルや様々な施法やリズムに触れながら幅広い音楽の展開をしていくという内容でした。沢山の美しい音を聴かせ、音をきちんと聴く習慣が身に付き楽譜を使うレッスンに入ってからもこれら体験して来た事が至る所で役立つという画期的な導入法です。

受講された方は実際に生徒さんを教えておられる方が多かったのですが、自分達もこういう風にピアノに入っていけたらどんなに楽しく学べた事だろうという感想を多く頂きました。高地先生は来年度より定期的にこの指導法のセミナーを行う事も思案中との事です。詳細がわかりましたら西湘むさしの会のHPでもお知らせが出来るかと思います。西湘むさしの会公式HPはこちらからご覧頂けます→
http://www.musashinokai.sakuratan.com

報徳小学校コンサート

9/24に市内の報徳小学校の学校行事でミニコンサートがあります。西湘むさしの会のボランティア演奏、今回で4回目となります。子供達が生の演奏を聴ける貴重な機会だと思います。その為の練習が山北でありました。皆さん忙しい中での数少ない合わせで本番を迎える事になりますが、こちらも気を抜かず全力投球で臨みたいと思います。私は篠笛の演奏他蝶々夫人の伴奏やそりすべり、サンドペーパーバレー等楽しい曲を演奏します。

コンサートプログラム

827プログラム表紙2



929プログラム裏1


9/29日、心のコンサートのプログラムが出来ました。
今回は平日の昼間なので主婦層やご年配の方が多い為日本ものの曲を多く取り入れたプログラムとなりました。オープニングは私の篠笛で始まり、ピアノソロは、幻想曲さくら さくら、ピアノの為のからたちの花、リスト なぐさめ、シベリウス 樅の木、ソプラノは美浜の海にちなんで浜千鳥、浜辺の歌、金子みすゞのたいりょう、わたしとことりとすずと、ほしとたんぽぽ他、連弾は中田喜直作曲「日本の四季より」春がきて、桜が咲いて、五月晴れと富士山、初秋から秋へ、今回のいちおしはソプラノ川島由美、ピアノ小澤一による星野富弘歌曲集「二番目に言いたいこと」より、いつだったか、秋のあじさい、よろこびが集まったよりも、二番目に言いたいことです。星野さんは中学校の体育の先生だったそうですが器械体操の指導中の事故で手足の自由を失ってしまいました。それから自分の思いを作詞したり、口に筆を加えて絵も書くようになったそうです。星野さんの詩や絵は希望や感謝という気持ちを思い起こさせてくれる作品だと思います。心のコンサート 千葉市美浜ホール2F音楽ホール 午後2時開演 東京駅から京葉線快速にて30分検見川浜駅下車 徒歩8分。お時間がございましたら是非お出掛けください。

スケジュール

29日の心のコンサート迄、あと2週間となりました。今日は10/3の合唱祭に向けて、合唱指導の為朝から一日沼津で強化練習です。今週日曜日は西湘むさしの会主催のクラウス・ルンツェ、ピアノ導入公開講座があります。24日は市内の小学校へ出張演奏等もあり、本番前のこの2週間が結構ハードですが、仕事で出て行くのも気分転換で逆に休養になります。根をつめて練習ばかりしているとそれはそれで疲れますから!芸術の秋ですからどうしても集中してしまう事もあります。時間を上手に使って本番に臨みたいと思います。今回初めて聴いて下さるお客様も多いので気を引き締めて参ります。

室内楽の夕べ

弟子の小松さんが、ザルツブルガー・ゾリステン室内楽の夕べでシューマンピアノ五重奏曲変ホ長調Op.44を演奏するという事で三鷹市芸術文化センター風のホールに行って来ました。ピアニストは全部で4人他にはシューベルト、ピアノ三重奏曲第一番変ロ長調Op.99、ドヴォルザーク、ピアノ五重奏曲イ長調Op.81、ショスタコービッチ、ピアノ五重奏曲ト短調Op.57の演奏でした。彼女はテンポの事や他の事が気になって中々音色の所迄はいけなかったと少し残念そうでしたが、とてもよくまとまって弾いていました。前にツェルニーで音色について徹底的にやったことがあるのでそのレッスンが今回のシューマンにとても役立ったという事でした。

彼女とは昨年の町田に続いて今月の29日に行う心のコンサートで連弾をします。昨年はビゼーこどもの遊びを弾きました。今回は中田喜直の日本の四季です。演奏を聴いていていつも感じる事は、うまい演奏と良い演奏は違うという事です。完璧な演奏はテクニックもさる事ながら聴いていると「すごいな」という感想だけで終わってしまいがち、例えて言うなら、高速道路を走っている時のようにスイスイと景色が流れて行って運転しているうちに飽きてしまうものです。感情ではなく理性で弾いているという感じです。昨日もとてもうまく弾くピアニストがいました。すべてを完璧にこなしているのですがやはり終わってから心に残るものがないのです。もう少し人間性というか心が入ればもっと、もっと良くなると思います。心が無いと言っているわけではないのですが、うまいだけに惜しいなと思うのです。私も心に残る演奏を心掛けて日々精進したいと思います。

9月

9月に入ったと思ったら明日はもう13日。心のコンサートまで約2週間。明日から大学が始まる。今年の夏は特に慌ただしく過ごしていましたので一度も泳ぎにも行けず仕事と練習に明け暮れる日々でした。10月にはミュージックキャンプを開催する予定。現在参加者募集中!長年毎年夏に行って来たミュージックキャンプをまたやって欲しいとの要望があり、行う事にしました。秋の山中湖は紅葉も美しくリスや野鳥等小動物にも会えます。子供にも大人にも喜ばれる一日になる事でしょう。
img055

第16回門下生勉強会

IMG_9728 IMG_9597 IMG_9725 IMG_9662 IMG_9669 IMG_9686

9月5日(日)第16回小澤一門下生勉強会を開催。毎年夏に行っているこの勉強会は参加者が一人づつ演奏したあとワンポイントレッスンを行い改めて演奏するという形式で行っています。ワンポイントアドバイスをした後の演奏が確実に良くなっているので私としても嬉しい限り。大ホールで演奏するという事はそれだけで良い経験です。限られた時間の中で行いますから少人数制で行う為、中身の濃い緊張感のある時間になります。長丁場のレッスンなのでいつもは大人の方だけでしたが今年は5歳と小6の生徒さんも初参加。途中で抜けても良いですよと言ってありましたが最後迄他の方の演奏も聴いて帰られました。通常の発表会やレッスン室で弾くのとはまた違った緊張感が味わえたのではないでしょうか?私も9月29日、心のコンサートで演奏する曲の中からリストのなぐさめとシベリウスの樅の木を弾きました。