クリスマスコンサート



20101222b

2010.12.22(水)小田原市風祭/オルフェにてクリスマスコンサートを開催します。
チラシが出来ました。出来たてのほやほやです。マネージャーである我が妻が作成してくれるコンサートのチラシですがなにやら色々決まり事があるらしく、まわりについているマークは印刷に出す時の必須条件だそうです。こういう事は私にはさっぱりわかりませんが、出来上がって来たチラシをみると、このチラシに負けないように良い演奏をしなければ...と言う気持ちになります。今回で3回目となる「心のコンサート」のクリスマスバージョン。ソロ、連弾の他にソプラノ川島有未さんとのデュエットもあります。一足早い素敵なクリスマスをお届けしたいと張り切っています。40名程のサロンコンサート、会場は箱根登山線「風祭駅」下車徒歩一分、箱根病院の斜め向かいです。駐車場は7台迄ご予約にて承ります。お申し込みはOFFICE OZAWA迄/E-mail:info@hajimeozawa.com

小田原男声合唱団

小田原男声合唱団第39回定期演奏会に向けて毎日猛練習。今年は演奏会等、色々と忙しい一年だった為、週一度行われている合唱の練習日に殆ど参加する事が出来なかった。10月に入ってこの一年の遅れを取り戻すべく自主練習に励んでいました。最近ではパート練習の時間も設けてバリトンとベース、最後の追い込みに余念がありません。今年は第1ステージ愛の詩集より:1.Morgen! 2.Heimliche Aufforderung 3.Allerseelen 4.Wiegenlied 第2ステージ愛唱曲より:そうらん節、からたちの花、大島節、中国地方の子守唄、最上川舟唄、Mananitas 第3ステージ男声合唱組曲中原中也の詩から:北の海、汚れちまった悲しみに、間奏曲、雲雀、六月の雨、月の光 第4ステージフランスの詩による男声合唱曲集月下の一群 小曲、輪踊り、人の言うことを信じるな、海よ、秋の詩。第39回定期演奏会は11/6(土)小田原市民会館大ホール3時開演、全席自由 ¥1000。チケットのお求めは井上楽器、OFFICE OZAWA迄。

篠笛

ファイル10014
子供の頃からお祭りのお囃子が大好きで篠笛を始めてもう38年。何年か前から唄用の篠笛も吹くようになり、今では篠笛を習いに来るお弟子さんも増えお囃子の人と唄用の篠笛をやりたい人と二種類の笛を教えています。篠笛は音が出るようになるのに苦労しますから根気が無いと続きません。最近ではオカリナとフルート奏者の人が来ていますが、さすがこういう人は初日から音が出ますし早いです。クラシック音楽をやっていると、日本の楽器を何かやってみたくなるという人は多いようです。それと歌の人には特に篠笛はお勧めします。篠笛を吹く事が良い発声法になり、声が滑らかになります。私も篠笛を吹いたあとは歌が楽になるのをいつも体験しています。今年もお祭りに向けて神社でお囃子の練習が始まります。私の楽しみのひとつです。