心のコンサートin千葉

9.29.7.6.chiba

心のコンサート第二弾の詳細が決定致しました。今回はソプラノ川島由美さんの出身地、千葉県幕張メッセの近くの美浜文化ホールで行います。美浜ホールはシューボックス型の素敵なホールだそうです。大変人気のあるホールの為なかなかとるのも難しく今回も平日の昼間という事になってしまいましたが、お近くの方は足をお運び頂けたら幸いです。千葉県といいましても東京駅から京葉線快速で30分検見川浜駅より徒歩8分という事なので交通の便は良い所です。今回も星野富弘歌曲集より「よろこびが集まったよりも」「二番目に言いたいこと」等心に響く曲の数々をお届けします。連弾は中田喜直作曲四手連弾のための組曲「日本の四季」またソロではリストのなぐさめ、愛の夢、ショパンのレント・コン・グラン・エスプレッシオーネやエチュード作品25−12大洋他を演奏する予定です。またコンサートの最後にはスペシャルタイムと致しましてボイトレ講座や脳トレ講座などの企画も設けてありますのでそちらの方もお楽しみ頂けるかと...!

2010.9.29(水)13:30開場 14:00開演 
前売券¥2000当日券¥2500 全自由席。
美浜文化ホールの詳細はこちらからご覧頂けます。
お問い合わせ・お申し込みは
OFFICE OZAWA迄。

白秋・耕筰を歌い継ぐコンサート

2010.8.28(土)15:00〜二宮ラディアンにて白秋・耕筰を歌い継ぐコンサートが開催される。山田耕筰先生の愛弟子でもあり、藤原歌劇団のプリマドンナとして一世を風靡した大谷冽子先生を囲んでお話あり歌ありの賑やかなコンサート。私は小田原男声合唱団で参加する他に、山田耕筰先生が作られたピアノの為の「からたちの花」を弾かせて頂きます。しっとりとしていてとても綺麗な曲です。当日は山田耕筰先生のご令嬢山田日沙さんもお招きし大谷先生との対談で貴重なエピソードが語られる事と思います。またレッスン中の耕筰先生の声が録音された直伝「からたちの花」の歌い方なども披露されるそうです。大谷先生とは2006年の「からたちの花コンサート」で御一緒させて頂きました。4年振りにお目に掛かかってお話を伺うのを私も楽しみにしています。詳しくはスケジュールの頁をご覧ください。

スウェーデン放送合唱団

スウェーデン放送合唱団首席指揮者、ペーター・ダイクストラ氏による合唱指揮者・指導者のための公開セミナーに参加する為神奈川県立音楽堂に出掛けた。ペーター・ダイクストラはオランダ生まれ。幼い頃少年合唱団に在籍し、その後独唱者としてオランダで活躍。ハーグ王立音楽院、ケルン音楽アカデミー、ストックホルム音楽大学で合唱指揮、オーケストラ指揮及び声楽を学び最優秀の成績で卒業。その後トヌ・カリユステ、エリック・エリクソン等のマスタークラスで研鑽を積むという肩書きの持ち主。今回は私の地元の合唱団と横浜の合唱団の二団体の指導に当たるというもの。内容は日本人と外国人の発声の違い等。彼が英語で話たあと通訳が入るのですが、やはり私は語学力不足で欲求不満。英語力の必要性を再確認した日でもありました。

Vanuatu・バヌアツ

IMG_9945

日曜日、弟子の小松さんに誘われて「バヌアツへの旅」というイベントに出掛た。場所は井の頭線、駒場東大前。開場は南の島らしい野趣あふれる飾り付けが施され、写真有、音楽有の楽しいイベントでした。そこでカパという飲み物を頂いた。口に含んで暫くすると少し舌先がしびれその後頭が少しボーッとするような感覚を覚える。初めての体験。現地ではこれは男達の飲み物だそうで日本で言えばアルコールのようなものなのかもしれない。アルコールの変わりにこれを飲んでストレスを解消しているのだろうか。おみやげにブラックペッパーと珈琲を小松さんに頂いた。
彼女は明日レッスンに来るのでバヌアツの珈琲を頂くのが楽しみだ。
IMG_9956

これはご近所の女子大生が大学でニュージーランドに行ったそうでお土産に頂いた蜂蜜。色も味も日本のものより濃厚な感じでとても美味しいです。
私は朝食の時パンに必ず蜂蜜を塗って食べている。
ニュージーランドと言えばこれ又ご近所にニュージーランド人が越して来た。ご主人がニュージーランドで奥さんは日本人。可愛い幼稚園生と小学生のハーフの姉妹が二人。勿論私は早速彼女達と友達になった。

身体の歪み

今週は月2回開催していている大人の為のリズム体操教室「わくわくリズムの会」がありました。今回は皆さんの身体のバランスを調べてみました。すると結構歪んでいる事に気づきます。普段自分の身体を意識的に見るという事がないせいか、皆さんご自分の身体が歪んでいるなどとみじんも思ってなかったようで大変驚かれていました。右の肩が下がっているのに左の骨盤の位置が高いとか、明らかにまっすぐ立っていない人、腕や足の長さが違う人など、色々です。どちらか片方にだけ負荷をかけてしまってバランスが狂ってしまっているのです。身体は左右対称にバランス良く使う様に心掛けなければいけません。いつも同じ足を上にして組むとか同じ方でばかり荷物を持つなど、ちょっとした事ですがこういう積み重ねで身体は歪みます。身体が歪むとどちらかに引っ張られて筋肉が緊張して肩こり、腰痛等を引き起こします。身体は毎日酷使していますから少しの時間をみつけてストレッチをする習慣をつけましょう。ほんの少し意識して行うだけで違ってくるはずです。毎日行わなければ追いつきません。今回も身体を揺すったり、ねじったりほんの数分のストレッチで皆さんバランスが良くなりました。私は練習の合間にもちょこちょことやるようにしています。

ツェルニー

IMG_9819

今年の2月からツェルニーに取り憑かれています。
来る日も来る日もツェルニー三昧。

IMG_9864
40曲の全てに水色、黄色、ピンクと付箋を貼っています。水色はまあまあ出来て来た印。黄色はもう少し。ピンクはもうひと頑張りです。具体的に色分けしてみると先が見えて来ます。ツェルニーはやればやるほど奥が深い作品です。何故今ツェルニーか?過去に指先だけで機械的に通り過ぎた練習とは比べ物にならない深い音楽が至ところに隠されているのです。この年齢になってみないとわからない奥深いものが見えて来ます。機械的にやっているだけならツェルニーはつまらない練習曲で終わってしまいますが、深く読み解いて行くとツェルニーの多彩な音楽表現が随所にちりばめられている作品であるということを再認識。一音たりともおろそかに出来ません。単純な和声進行の中にも隠された素晴らしさを発見!毎日新しい発見に感動を覚えます。