新しいピアノ導入法公開講座Part2

IMG_1385 IMG_9985
IMG_1428
IMG_1429 IMG_1430

武蔵野音楽大学同窓会神奈川県支部西湘むさしの会主催の「新しいピアノ導入法公開講座part2」を行いました。5/9におこなったPart1に続いての第2弾となります。クラウス・ルンツェ著「ふたつの手・12のキー」を使って、西湘むさしの会会員でもあり、藤村公子氏よりルンツェ指導法の手ほどきを受けられ現在フェリス音楽教室や小田原女子短期大学にて講師を務めておられる高地先生を講師にお迎えし、実際に生徒さんにもお手伝いして貰って大変わかりやすく、有意義な会となりました。楽譜を使わず演奏に使うテクニックを遊びながら学んでしまえる画期的な方法です。Part2では5度音域のメロディを使ってアンサンブルや様々な施法やリズムに触れながら幅広い音楽の展開をしていくという内容でした。沢山の美しい音を聴かせ、音をきちんと聴く習慣が身に付き楽譜を使うレッスンに入ってからもこれら体験して来た事が至る所で役立つという画期的な導入法です。

受講された方は実際に生徒さんを教えておられる方が多かったのですが、自分達もこういう風にピアノに入っていけたらどんなに楽しく学べた事だろうという感想を多く頂きました。高地先生は来年度より定期的にこの指導法のセミナーを行う事も思案中との事です。詳細がわかりましたら西湘むさしの会のHPでもお知らせが出来るかと思います。西湘むさしの会公式HPはこちらからご覧頂けます→
http://www.musashinokai.sakuratan.com